信託サービス<年金資産管理(年金信託)>

サービス概要
当社は、年金信託の受託者として、委託者(厚生年金基金・企業年金等)あるいは運用者(委託者から投資を一任された者)からの指図に基づく有価証券の約定・決済をはじめ、年金掛金・給付金等の元本の入出金管理、ディスクローズ帳票・決算報告書の作成、運用状況の把握・パフォーマンス評価報告等のサービスを提供しております。
年金信託の仕組み※年金特定金銭信託(再信託)の例
一元管理(マスタートラスト)ニーズへの対応
年金制度の見直しが進む中、運用資産管理機関への一元管理(マスタートラスト※)ニーズです。当社は日本版マスタートラストの先駆者として、資産の運用情報を一元管理できる「情報統合サービス」を提供しています。 ※マスタートラストとは?
複数の年金プランあるいは複数の投資マネジャーを管理するために設定される単一の信託契約で、ひとつの信託銀行が年金資産の集中管理と会計報告の一元化を行う仕組みのことをいいます。
利便性の高い「情報統合サービス」
「情報統合サービス」は、日本版マスタートラスト業務の一環として、年金スポンサー等のお客さまに向け、複数の運用機関の運用情報を同一基準で集計分析し、年金プラン全体の運用パフォーマンス等をインターネットを通じてタイムリーにご案内するサービスです。
当サービスは、パフォーマンス等の運用状況の把握だけに留まらず、格付チェック、コスト分析等のリスク管理機能を充実させているほか、データのダウンロードによりお客さまが二次加工できる機能や年金制度の一元管理を目的とした「複数年金制度集計サービス」機能も備えています。