みずほフィナンシャルグループ 資産管理サービス信託銀行

  • TOP
  • TCSBとは?
  • 資産管理とは?
  • ワーク・ライフ
  • 先輩社員の声

エントリーする

TOP > 資産管理とは?

資産管理とは?

資産管理サービス信託銀行(TCSB)の業務は

「財産(主に有価証券)」管理に伴い発生する複雑な事務手続きを、「お客さま」に代わって行う“資産管理業務”のプロ集団(資産管理専業信託銀行)です。

資産管理業務についてのQ&A

“資産管理業務”という聞きなれない仕事を、Q&A方式でわかりやすくご紹介します!

お客さまは、機関投資家(銀行、証券会社、企業年金基金、生命保険会社、投資信託委託会社など)や事業法人等です。個人の資産を直接預かることはありません。

機関投資家による有価証券の売買や残高管理には、一般的に細かな手続きが毎日大量に発生します。そのため機関投資家は、専門スキルと高度なシステムを保有する「管理の専門家(資産管理専業信託銀行)」と契約を結び、煩雑な管理手続の一部(または全部)を任せます。

資産管理専業信託銀行では、有価証券の売買の記録や残高管理を行います。また、利息や配当金の受け取り、税金の支払い等もお客さまに代わって行います。具体的な手続きの流れは、「資産管理業務のフロー」をご覧下さい。

資産管理業務のフロー

お客さまの口座を開設し、元本(資産)を受け入れる等、
取引開始の準備をします。
お客さまの指示により、有価証券の売買取引内容を確認し、記録します。
お客さまに代わって、有価証券や売買代金を用意し、
期日に受渡しをします。
取引の結果を踏まえ、残高を更新します。
利金、配当金の受け取り、それに伴う税金の支払手続きをします。
管理する有価証券に関する重要情報を収集・提供し、お客さまに代わって、権利を行使します。
お預かりした資産に関する各種レポート(証券、資金の移動、保有状況、運用状況など)をお客さまに提供します。

Copyright © Trust&Custody Services Bank,Ltd.All Rights Reserved.

TOP