みずほフィナンシャルグループ 資産管理サービス信託銀行

  • TOP
  • TCSBとは?
  • 資産管理とは?
  • ワーク・ライフ
  • 先輩社員の声

エントリーする

TOP > TCSBとは?

TCSBとは?

資産管理サービス信託とは

資産管理専業信託銀行
年金基金、生命保険会社、投資信託等の資産は、本邦をはじめ世界各国の各種有価証券等への投資により運用されています。その金額規模は大変に大きく、その投資手法も多様化してきていることから、その管理業務に専門的に特化した金融機関が生まれました。
国内最大級の預かり資産
TCSBは2001年に発足し、以降、順調に預かり資産残高を増やし、国内最大級の預かり資産残高を有しています。私たちは、国民のみなさまの大切な財産をお預かりする社会的なインフラを提供し、これを安全に管理するという社会的使命を担っています。
みずほフィナンシャルグループ
TCSBは、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険、朝日生命保険、明治安田生命保険、富国生命保険の各社の出資を受け発足しました。
今後もみずほ銀行やみずほ信託銀行等との連携による「銀・信・証」の一体運営のもと、受託対応力の強化とお客さまとのリレーションシップ体制の一層の強化を通じて、資産管理ビジネスを推進していきます。

TCSBの主な組織部門

TCSBでは、組織を大きく3つの部門に分けて、お客さまに最高水準のサービスを提供しています。

TCSBでは、お客さまからお預かりした資産を管理する事務サービスを「プロダクト」と呼び、業務の要と位置付けています。国内資産・海外資産・年金・投資信託等各分野のプロ集団により管理しています。

[プロダクト部門に所属する部署]

国内資産管理部、海外資産管理部、受託資産サービス部、投資信託部、生保資産管理部、決済業務部、運用事務サービス部、コラテラル業務部

機関投資家に対し、高品質・高付加価値の資産管理サービスを提案しています。

[営業部門に所属する部署]

インベスターズサービス部、証券運用部

経営企画、IT・システム、コンプライアンス等、TCSBの経営機能を担っています。

[コーポレート部門に所属する部署]

経営企画部、人事部、総合リスク管理部、法務・コンプライアンス部、業務推進部、事務統括部、IT・システム統括部、システム推進部、資金証券部

組織図

Copyright © Trust&Custody Services Bank,Ltd.All Rights Reserved.

TOP