TOP > Company 01.TCSBを知る

Company 01 TCSBを知る

資産管理サービス信託銀行(TCSB)を知る3つのポイント

01

資産管理専門信託銀行

年金基金、生命保険会社、投資信託等の資産は、我が国をはじめ世界各国の各種有価証券等への投資により運用されています。運用資産の金額は非常に大きく、投資手法も多様化してきたことから、資産管理業務に専門的に特化した金融機関が生まれました。

02

国内最大規模の預り資産

TCSBは2001年発足以降、順調に預り資産残高を増やし、国内最大規模の残高約380兆円を有しています。2018年、日本トラスティ・サービス信託銀行とJTCホールディングスを設立、グループ合算の残高は約700兆円に上ります。
TCSBは国民のみなさまの大切な資産をお預かりする金融インフラとして、高品質かつ安定的なサービスを提供しています。

03

安定した経営基盤

TCSBは、みずほフィナンシャルグループ、第一生命保険等、大手金融機関各社の出資を受け発足しました。現在JTCグループの一員となり、銀行系列を超えて三井住友トラスト・ホールディングス、りそな銀行がJTCホールディングスの出資者に名を連ねています。安定した経営基盤のもと、出資各社のノウハウを結集し、今後も我が国の金融インフラを支えていきます。

TCSBの3つの部門 TCSBでは、組織を大きく3つの部門に分けて、お客さまに最高水準のサービスを提供しています。

プロダクト部門

TCSBでは、お客さまからお預かりした資産を管理する事務サービスを「プロダクト」と呼び、業務の要と位置付けています。国内資産・海外資産・年金・投資信託等各分野のプロ集団が資産を管理しています。

[プロダクト部門に所属する部署]

国内資産管理部、海外資産管理部、
受託資産サービス部、投資信託部、
生保資産管理部、決済業務部、
運用事務サービス部、コラテラル業務部

ビジネス推進部門

機関投資家に対する、高品質・高付加価値の資産管理サービスを推進しています。

[ビジネス推進部門に所属する部署]

インベスターズサービス部、証券運用部

コーポレート本部機構

経営企画、IT・システム、コンプライアンス等、TCSBの経営機能を担っています。

[コーポレート本部機構に所属する部署]

経営企画部、統合推進部、
人事部、総合リスク管理部、
法務・コンプライアンス部、
事務統括部、IT・システム統括部、
システム推進部、資金証券部

組織図

コーポレート本部機構、ビジネス推進部門、プロダクト部門

TOP