TOP > interview > 岩本 翔五

Interview 仕事をイメージする

基幹職

運用事務サービス部

岩本翔五

前職金融機関にて法人営業を経験した後、2016年入社。運用事務サービス部ミドルグループモニタリングチームに配属。現在に至る。

岩本翔五

専門性の高い資産管理の世界で、
ひとりのプロとして自分を磨く。

About Work 仕事について

現在の仕事内容

運用事務サービス部は、運用会社が、コア業務の運用により注力できるよう、周辺の事務作業や管理業務を一括して受任しています。資産運用業務では、運用判断を行う業務を「フロント」、そこから先の手続きを「ミドル」「バック」「ディスクロ」と呼んでいます。フロント業務以外の運用事務を担っている当部は、TCSBの中でも特色のある部署です。「ミドル」グループに属する私が任されているのは、時価評価・モニタリング・大量保有報告の3つ。例えば時価評価は、翌日の新聞にも掲載される「投資信託の基準価額」算出につながる重要業務のひとつ。投信ファンドの中に入っている株式や債券など個別の銘柄ごとに時価評価をしていきます。もちろん、一つ一つ手作業でやるわけではなく、システムを用いて評価を行いますが、中にはシステムでは対応できない特殊なケースも発生します。その際は、理論値等を用いて算出することもあります。

市場の公平性にも寄与する、資産管理のプロ

今日、個人型確定拠出年金の運用商品として様々な種類の投資信託商品が販売されており、国民のみなさんにとってもより身近な存在となっています。そのような運用商品も、我々のような資産管理のプロがいなければ、世の中に出て行くことはできません。また日々厳格かつ正確に運営管理が行われていなければ、投資家の公平性も毀損されてしまいます。責任の大きい仕事であることは言うまでもありませんが、最先端の金融取引を支えていることを実感できることが何よりのやりがいです。
1年前まで金融機関で法人営業をしていた私は、資産管理のプロになることを目指してTCSBへ入社しました。入社して驚いたことは、資産管理業務の奥の深さ。資産管理業務は、「金融」という広いフィールドの中でも特定の分野と捉えられますが、日進月歩変化を続けるフィールドです。プロフェッショナルになるには専門知識や経験を積まなければなりませんが、それを達成できたときの喜びもまた格別だと思います。今でも日々、新しいことの連続ですが、知れば知るほど面白味ややりがいが見えてくる仕事です。
ぜひ学生のみなさんもTCSBのドアを開いて、一緒に資産管理のプロを目指しましょう!

増えるフレッシュな力。結束に自信あり

若手社員がどんどん増えているTCSB。金融機関出身者だけでなく、様々なバックグラウンドを持つ人材も豊富にいるのもまた当社の特色。定期的に若手社員の飲み会が開かれ、結束を強めています。

One day Schedule 一日のスケジュール

08:50
始業。前日の売買データを確認し、正しくチェック。
09:30
Pノート(*)の時価評価を行うのが日課。

(*)外国人投資家向けの金融派生商品のこと。取引に規制がある外国の株式は購入できないため、証券会社では連動する「Pノート」と呼ばれる株式を販売している。

10:30
運用会社の指図通りに正しく運用がされているかモニタリング。チェックの項目は100件を超える。システムでチェックできないものは、目視でチェック。
13:30
投資信託の中に組み入れられている国内および外国の債券の時価評価を算出。各々、タイムリミットがあるため、正確さとスピードが求められる。
16:00
運用会社からの問い合わせ。運用会社が新しく開発を予定している投資信託商品の時価評価算出方法について回答。
17:00
算出した時価評価を基に、基準価額が確定。関係各所、マスコミなどに配信される。
18:00
退社。同僚と定期的に飲み会。
岩本翔五
一覧へ戻る

TOP