TOP > interview > 山﨑 慶太

Interview 仕事をイメージする

基幹職

海外資産管理部

山﨑慶太

証券会社にて営業を経験し、2014年入社。海外資産管理部企画グループ兼オルタナティブ投資管理チームに配属。現在に至る。

山﨑 慶太

諸外国の法律・税制・慣行など
専門的な知識を駆使して
機関投資家をサポート。

About Work 仕事について

現在の仕事内容

私が現在行っている業務は外国籍投資信託の管理業務です。
外国籍投資信託とは、海外を拠点に現地の法令や規則に基づいて海外で設定・運用される投資信託のことです。当社が取り扱っている投資信託のほとんどは私募形式といった特定の投資家向け商品で、商品ごとに決められている目論見書や申込書を使って海外の投資信託管理会社へ直接売買の申込手続きを行っています。
目論見書や申込書は全て英語で100ページ以上になることもあります。
商品ごとに内容も異なるので、内容を確認するだけでも膨大な時間がかかりますが、海外の管理会社とメールや電話でやり取りを行い、円滑に売買の事務を行うことは1件1件非常に達成感のある仕事です。

「TCSB」を代表する資産管理のプロを目指す!

前職では証券会社で、法人営業をしていました。元々私は、海外の大学を卒業しており、いずれは語学力を生かせる仕事に就きたいと考えていました。もちろん、証券会社でも語学を生かせる機会はありましたが、より専門的な金融知識を身に付けたいとの思いが強くなり、TCSBへ転職し現在に至っています。日本の年金資産が、海外投資に積極的に向かっている環境下で、私の仕事はまさに金融のインフラ的役割を果たしています。そうした仕事に携われることにとてもやりがいを感じています。今後はより見聞を広め「TCSB」を代表する資産管理のプロを目指したいです。

オフは家族サービスに

趣味の水泳や家族サービスに時間を使うことが多いです。子供が小さいので子供と過ごす時間を特に大事にしています。
TCSBは、休暇制度がしっかりしており、かつ比較的自由に取得できる環境があるので、オンオフをしっかりと分けることができ、仕事へのモチベーションにも繋がっています。

One day Schedule 一日のスケジュール

08:20
出社。海外の管理会社から来るメールをチェックし、前日の売買申込の処理確認を行う。
09:15
チームミーティング。各人が抱える案件の進行状況などをチームで共有。
10:00
夜に米国、欧州から来たメール対応を午前中に全て済ませる。
12:00
昼食 外食で気分転換。
13:00
国内の顧客との連絡やミーティング。
14:00
海外管理会社への当日申し込み手続きを行う。
16:00
アジアに拠点を置く管理会社と連絡を取り手続き処理確認。
18:00
日中に来たメールの処理状況を確認。
19:00
欧州が早朝のためメールや電話でのやり取りを行う。
19:30
時差が半日ある米国以外との事務処理が完了していることを確認し退社。
山﨑 慶太
一覧へ戻る

TOP