TOP > interview > 滝口 由美子

Interview 仕事をイメージする

特定職

エキスパートプログラム任用者
国内資産管理部

滝口由美子

1991年入社。2003年にエキスパートプログラム任用者となり、国内資産管理部、事務統括部、投資信託部にてチームリーダー等を歴任。2015年10月より国内資産管理部約定・権利グループ信託チームのリーダーに。

滝口 由美子

1日1万件を越すこともある、売買データ。
決して間違いが許されない、緻密な仕事。

About Work 仕事について

現在の仕事内容

年金資産としてお預りする国内の有価証券(株式や債券等)を管理しているのが信託チームです。その中でも私のミッションは、チームリーダーとして、約定・決済・権利保全などの業務全般からチームメンバーが担当する案件管理など多岐にわたります。
当社の預り資産の半数以上が国内の有価証券。ただ有価証券をお預りするのではなく、お客さまの代わりに売買や決済などの手続きを行い、その結果を定期的に報告することがチームの大きなミッションになります。
売買そのものは運用者であるお客さまが実行しますが、その結果生じた数字上の変化を、資産管理システムに入力するのが私たち。1日に1万件を越す膨大な取引データが間違いなく処理されるよう、取引相手の証券会社側が発行している数字と一致しているか確認します。

リーダーとして目指すは、一体感のあるプロフェッショナルチーム

リーダーとして心がけているのは、「チームの一体感」。私のチームは、国内の株、債券といった商品の違いや約定、権利といった業務の違いなど、複数の業務を担当するメンバーが多いですが、全てはチーム行動。チーム内のコミュニケーションは非常に大切です。個人が”プロ”として日々業務を行うことはもちろんですが、その個人の知見をチーム全体で共有できるよう勉強会を開催したり、日々の行動を文書化しマニュアルにして共有するなど、チーム全体で業務の品質を更に高められるよう取り組んでいます。最近では新人メンバーも加わり、様々な個性を踏まえながら、チームとして成長を促せるか、試行錯誤をしています。
個々人のモチベーションを高めつつ、全体を視野に入れながら取り組んでいますが、一歩一歩、一体感あるチームに育ってきている手応えがあります。

知人が演奏する音楽会で、心をほどく習慣

最近私がハマっているのは、音楽鑑賞です。クラシック、ジャズなど、全般的に好きなのですが、やはりコンサート会場で聴く生演奏は格別。先日は、元上司がバイオリニストとして登場した「みずほフィルハーモニー」の演奏会にお邪魔してきました。

One day Schedule 一日のスケジュール

07:30
オフィスに出勤する前に、トリトン内のカフェでコーヒータイム。本や新聞を読んで、心を落ち着けます。
08:20
オフィスに着いたら、まずはPCを立ち上げてメールをチェック。取引先からの照合依頼のほか、社内通達なども確認しています。
09:00
グループ全体の朝礼を終えた後は、チームでミーティング。報告書の提出期限や外出予定など、メンバーの1日のスケジュールを共有します。
10:15
部の目標会議。リーダーは、チームだけでなく部としての目標管理も重要な任務。
13:00
マネジメントミーティング。システム変更に伴い、実務をどのように変えるべきか議論。
15:00
チーム内で勉強会。チーム全体でスキルアップを目指しています。若手社員が講師になることも。
17:20
業務改善のため、新たなマニュアルを作成。常に工夫しながら事務品質の向上に努めています。
19:00
退社。
滝口 由美子
一覧へ戻る

TOP